古きに学ぶ家づくり

時を経た古材の風格、美しさは家づくりに豊かな表情を生み出す。
年輪を刻みこんだ古材はゆっくり育まれた分、その強い生命力を今に引継ぎ、住む人に暖かさと安らぎを与える。
いにしえの匠の技は私たちに優れた知恵を授ける。

古材を利用した家

新築にあたり、古材活用を望んだ施主。梁や柱の一部に古材を使い、新らしい木と組み合わせた家。

古材使用デザイン例の詳細ページはこちら >>



思い出の家の板を生かす

建て替えにあたり、60センチ以上もある一枚板を、洋間の腰壁に再利用。板の歴史に合わせ、家具と壁紙は伝統的な様式をとり入れ、カーテンはモダンな質感のものをあわせるなど、洋と和、新と旧をミックス。

デザイン例の詳細ページはこちら >>



カテゴリー別リンク